リサイクル・リユース座談会

今回、『リサイクル通信』さんの企画にて、
リサイクル・リユースマーケット座談会に参加しました。
ブックオフコーポレーション 佐藤弘志社長
パシフィックネット 上田満弘社長
東京山喜「たんす屋」 中村健一社長
と、僕の4人で、
『リサイクル通信』発行人 加覧光次郎社長の司会進行のもと
今年のリユース業界展望について話し合いました。
14p05.JPG
日本における今、本・パソコン・着物・ブランド品のリサイクルマーケットの話から
海外進出やエコにまで話が進み、また、上場についての悩みを相談できたりと、
大変有意義な時間を持つことができました。
真剣な話の中に、時折笑いもあり、楽しみながらトップ達の意見を
聞くことができるなんて、ありがたいことです。
勉強になりました。
14p02.JPG
ブックオフ佐藤社長とのツーショットです
「リサイクルショップを、世界をリードするビジネスモデルに」
という言葉が、今回の座談会で出てきました。
リサイクルショップの、世界を視野にいれた新たな展望は
大きすぎるように思われるでしょうが、
「リサイクルショップ」という二次流通商品販売のビジネスモデルで
日本から今後、どのように世界に広がっていくのかが非常に楽しみです。
古くからモノを捨てずにリユースしている、
「もったいない」精神を尊ぶ日本人の得意分野を
世界で浸透させるにはどうしたらよいか。
などと、意見を言い合い、いろいろ思考をめぐらせることができ、
今後、ブランドリサイクル業界の日本一になって世界に進出したい、
この日本のリサイクル文化を東南アジアやブランド品の本拠地ヨーロッパを含め、
世界に浸透させていきたい、と改めて強く思いました。
ブランドリサイクル業界のリーディングカンパニーとなるべく、
日々、邁進していきたいと思います。
座談会内容に興味のある方は1月10日発行の㈱リフォーム産業新聞社発行、
『リサイクル通信』をご覧ください。
それでは、安山でした。

カテゴリー: 仕事 パーマリンク