プレゼンテーション

転々社&テンセント
①総勢25名へ当社のプレゼンテーション実施
②アライアンスの可能性
・中国オークション開催
・中国店舗展開(FC?)
・鑑定人育成事業(BO大学?)
③「転々社」概要
中国版Craigslistの異名を持つクラシファイド公告大手告大手58.com社 (N社 (NY上場、NYSE:WUBA)
の傘下のCtoC中古品取引プラットフォーム「転々社(々社(zhuanzhuan.com)」です。

転々社はAlibaba傘下のXianyuの次、中国では第二位、二位、58.com社、20社、2017年4月によって設立され、テンセントより2億米ドルの出資も受けております。

中国のフリマアプリはいくつかありますが、商品カテゴリを
絞らず「総合」でやっているのは以下3つ(3強)で、
「转转」(転々)はその3強の一角です。

~中国の代表的なフリマアプリ(総合)について~
—–
●「转转」(転々/ジュアンジュアン)
テンセントから出資を受けているフリマアプリです
広告展開を含めて、一番勢いがあるフリマアプリで、
シェアの面でも後述する「闲鱼」を猛追しています。

特徴はスマホ等のデジタル機器に強いという点です。

売買成立した際に、その機器を「转转」が検査する
というサービスがあり、動作が確認してから料金の
支払いが可能です。

テンセントから出資を受けているので、wechatとも
連動し、決済はwechat payとのことです。
—–
●「闲鱼」(シェンユー)
アリババが運営するフリマアプリです。
3つの中では最も大手です。

特徴は、taobaoやTmallアカウント・データと連動し、
Tmallで買った商品が気に入らなければそのまま
「闲鱼」で転売できる点です。

売り手の信頼性確保は、支払い方法にも関連
しますが、alipayの「芝麻信用」とも紐づいています。

アリババのサービスですので、決済はalipayです。
—–
●「拍拍」(パイパイ)
京东(JD.com)が提供する、フリマアプリです。
3つの中では一番規模が小さいものです。

特徴はJD.comアカウント・データ連動で、
JD.comで買った商品が気に入らなければ、そのまま
「拍拍」で転売できる点です。
—–

转转、闲鱼の2つを軽く触ってみましたが、出品や購入も
比較的簡単に行えるよう工夫されている印象です。

尚、アリババ、京东、テンセントの3者はライバル関係でも
ありますので、フリマアプリの世界でも代理戦争の
様相を呈しているという見方もあります❤️

カテゴリー: 仕事 パーマリンク