買取専門店開業
2022年6月15日

フランチャイズ加盟店と直営店の違いとは?

同じ店名の看板を掲げていても、直営店方式で店舗を増やしているところと、フランチャイズ方式で加盟店を増やしているところがあります。また、フランチャイズチェーンの中にも直営店と加盟店があります。

この直営店と加盟店とは、どういった違いがあるのでしょうか?
メリットとデメリットについてもご紹介します。

そもそもフランチャイズとは

小売業

例えば、コンビニエンスストアのフランチャイズであれば、ローソンやセブン-イレブンといったフランチャイズ本部と契約を結び、店舗を自らが運営するスタイルをフランチャイズビジネスをいいます。

本部が所有するフランチャイズチェーンの名前や商品、ノウハウなどを使用できますが、加盟金やサポート料として指定のロイヤルティを支払わなければなりません。

とはいえ、フランチャイズチェーンのブランド力を生かして店舗を運営できることや、その分野のビジネスの経験がなくても参入できることから、個人で独立・起業するよりもビジネスを始めやすいといわれています。

フランチャイズには直営店と加盟店がある

フランチャイズに「直営店」と「加盟店」があるのをご存じでしょうか。同じ店名で運営していても、本部が直接運営する直営店と本部に加盟金を支払って運営している加盟店があります。

直営店とは

直営店では、フランチャイズ本部が店舗を運営する店長やスタッフを雇用しています。直営店は加盟店のモデルとなる立場にあるので、直営店の運営が順調であれば、加盟店も集まりやすいといえますね。

フランチャイズ本部として試してみたいサービスや商品などは、まず直営店から導入し、ユーザーの反応をみて、加盟店に導入するかどうか判断することも多いようです。

また、フランチャイズ本部の社員として、加盟店をサポートするためには、店舗運営の現状を理解していることが求められます。本部スタッフが店舗運営を経験するための場という役割も直営店は担っているのです。加盟店契約を結ぶ前に、直営店で研修を実施するケースもありますね。

加盟店とは

加盟店の店長はオーナーと呼ばれることが多く、加盟店を経営する経営者である場合があります。その店舗の経営を担っているわけですから、直営店の店長とはモチベーションに違いがあるかもしれませんね。

経営者としての想いを反映した事業計画を立て、融資を受けるなど、金銭面での責任も大きくなります。

本部側から見た直営店方式・加盟店方式のメリット・デメリット

直営店方式のメリット

自社が雇用する社員が店舗の運営に携わるので、マネジメントがしやすいことが最大のメリット。運営方針などが変わったとしても、柔軟に対応することが可能です。

直営店方式のデメリット

新店舗を出店する際の投資はすべて本部が負担するので、多店舗展開が難しいという側面があります。また、直営店のマネジメントは本部が行うので、社員教育などの手間がかかります。

加盟店方式のメリット

新規事業を検討している法人や独立・起業を考えている個人事業主の資金を活用して、事業展開することができるので、全国展開をスムーズに進めることが可能です。

加盟金や決められたロイヤルティ収入を得ることが可能になるので、新商品やサービスの開発などに注力できることもメリットといえるでしょう。

加盟店方式のデメリット

直営店に比べて管理が難しいため、ブランドイメージを保ち、サービスの質を統一する努力や工夫が求められます。

直営店方式で拡大するチェーン店

全国に店舗があるからといって、その企業がフランチャイズ展開しているとは限りません。例えば、スターバックスコーヒーは、全店直営でその店舗数を増やしてきました。2004年にライセンス事業を開始し、直営店での出店が難しい商圏のみ(空港や駅、レジャー施設など)、ライセンス事業で出店を補完しています。

スターバックスがこれまで確立してきたブランドやイメージを守るために、あえて加盟店方式を導入しなかったといわれています。

加盟店が増えてもサービスの質を落とさない

フランチャイズ本部は、築き上げたブランド力を守るために、さまざまな努力をしています。フランチャイズ加盟店が増えても、店舗によってサービスのクオリティにバラつきが出ないように、研修や店舗運営指導、オンラインサポートなどを徹底しているのです。

ここまで、直営店と加盟店の違いについてご説明してきました。どちらもメリットとデメリットがあることがお分かりいただけたと思います。独立・起業をお考えの方は、直営店と加盟店の違いを踏まえたうえで、フランチャイズビジネスへの参入を検討してくださいね。

BRAND OFF 買取専門店」でも、フランチャイズオーナーを募集しています。フランチャイズで独立・起業したい!とお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。買取ビジネスは景気に左右されないところが魅力です。

「BRAND OFF 買取専門店」は在庫負担がなく、資金回転率の高いビジネスモデル。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

<関連ページ>

「BRAND OFF 買取専門店」オープンまでの流れはこちら

「BRAND OFF 買取専門店」初期投資目安についてはこちら

<関連記事>

フランチャイズのリスクとは?-「失敗しない」フランチャイズ

TOPへ戻る